FC2ブログ
温故知新~昨日があるから明日がある~
今日は渡辺美里さんのお誕生日と言う事で『サマータイム・ブルース』を取り上げたいと思います。


注)今回も歌の内容を再現する画像が準備出来なかったので、ネットでキャッシュが残っているけどリンクの切れているものを拾って来て加工しています。不都合があれば削除しますので、お手数ですがご連絡頂ければ幸いです。


天気図は曇りのち晴れの予報週明けの第三京浜選んだ♪


サマータイム・ブルース1


この楽曲は、1990(平成2)年 5月12日に発売された渡辺美里 さんの16枚目のシングルに収録された楽曲です。このシングルのカップリング曲は『Boys Kiss Girls』と言う楽曲で両方とも作詞、作曲が渡辺美里さんご自身による作品です。このシングルはシングル・チャ-トで最高2位を獲得され、このシングルは26.3万枚売り上げたようです。


サマータイムブルー』は明治生命スーパーライフCMソングとなり、『Boys Kiss Girls』はブリヂストンのALEPHQUESTイメージソングとなったようです。昔はCMからヒット曲が生まれたりする事が多かったように記憶しているのですが、最近は音楽の趣向性が多くなった為か、そう言う事が少なくなったし、CM自体が昔に比べたら少なくなったような気がしないでもないです。


夏の海のうねりのように今でも君思っているよ♪


サマータイム・ブルース2



楽曲の内容は夏空の下ドライブに出掛けて、終わった恋を思い出しながら、そこから立ち直ろうとしている女性の心情を歌ったもののようです。相手の男性への2人称が『きみ』ですから、相手は年下か、年齢がかなり近い男性だったのかも知れませんね。夏らしいアップ・テンポな曲調が夏のドライブのB・G・Mに似合いそうな一曲です。


楽曲のタイトルや歌詞にも使われている『サマータイム』とは、『太陽の出ている時間帯を有効に利用する目的で、時刻を1時間早めて、それに合わせた生活を送る制度』の事で、海外では導入されている所もあるようですが、日本では過去に導入され廃止になり、その後も何度か導入を検討されていますが、現在の所案件としてはあるようですが、未定なようです。


サマータイムブルース サマータイムブルース♪ 

サマータイム・ブルース3



『サマータイム』に関してはWikipediaの『夏時間』の項目や『日本にサマータイムは有効か』と題されたコラムに詳しく書かれているのでご興味がある方はご参照下さい。個人的にはサービス残業が横行する現在の日本の労働環境下では単に労働時間だけが増えるだけのように思うので、導入するのならその辺りの事を決めないといけないと思いますが無理でしょうね。


海外の制度を真似するのは悪い事だとは思いませんが、今までの事を考えると危惧しないといけない問題が多いような気がします。渡辺美里さんお誕生日おめでとう御座います。渡辺美里さんの『サマータイム・ブルース』はこちらで少しだけですが試聴が出来ます。youtubeではあちらそちらから歌われている動画を観る事が出来ます。



M・Renaissance~エム・ルネサンス~ M・Renaissance~エム・ルネサンス~
渡辺美里 (2005/07/13)
ERJ

この商品の詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしいJ-POPヒット曲 - ジャンル:音楽

【2007/07/12 22:52】 | 渡辺美里
トラックバック(0) |


しのちゃん
親こあらさんおはようございます(^-^)。
美里さんの曲好きですよ~(^o^)。
元気が出る曲が多くて
また美里さんの曲もけっこう夏の曲がありますよね。
もちろんこの曲も良いですよね~(*^^*)。



親こあら
しのぶさん今晩は!!

>元気が出る曲が多くて
また美里さんの曲もけっこう夏の曲がありますよね。
もちろんこの曲も良いですよね~(*^^*)。

確かに夏と言うイメージが強いですよね。^^




コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
親こあらさんおはようございます(^-^)。
美里さんの曲好きですよ~(^o^)。
元気が出る曲が多くて
また美里さんの曲もけっこう夏の曲がありますよね。
もちろんこの曲も良いですよね~(*^^*)。
2007/07/13(Fri) 09:54 | URL  | しのちゃん #-[ 編集]
しのぶさん今晩は!!

>元気が出る曲が多くて
また美里さんの曲もけっこう夏の曲がありますよね。
もちろんこの曲も良いですよね~(*^^*)。

確かに夏と言うイメージが強いですよね。^^


2007/07/13(Fri) 18:40 | URL  | 親こあら #oYOZKs9U[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック