温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0122.jpg

今日は風があったので寒いことは寒かったですが、ご覧のように陽射しがあったので車の中にいると暖かい位でした。さて、今日は五輪真弓さんのお誕生日ですので『恋人よ』を取り上げたいと思います。 



枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり ♪

koibitoyo1.jpg

この楽曲は、1980(昭和55)年8月21日に発売されたシングルに収録された楽曲です。このシングルのカップリング曲は『ジョーカー』と言う楽曲で両方とも作詞、作曲が五輪真弓さんによる作品です。このシングルは、シングル・チャ-トで最高1位を獲得され、96.1万枚を売り上げるヒットとなり、第22回日本レコード大賞で金賞を受賞され、第31回NHK紅白歌合戦に初出場を果たされたようです。

出だしの歌詞から、秋とか冬に発売されたものだと思っていたのですが、8月に発売されたものだったのですね。季節を先取りしたのかも知れませんが、少々早過ぎたような気がしないでもないです。気温が下がり始めると落葉樹は葉を落とし始めますが、暖冬だったりすると春と勘違いして若葉を出すのですね。我が家のガレージの木をみてそう思いました。何処でどう感じとっているのか不思議ですよね。

砂利道を駆け足でマラソン人が行き過ぎる♪


koibitoyo2.jpg


この楽曲は、五輪真弓さんがデビュ-された当時、プロデューサーをされていた木田高介さんの事を思って、書き上げた楽曲だそうです。木田高介さんは、ザ・ナターシャー・セブンのメンバ-で、ソロ活動を始めた直後の1980(昭和55)年5月18日に交通事故で他界されたようです。歌詞を読む限り、他界された方の事を歌われているようには思えないのですが、『死』自体を信じられなかったのかも知れませんね。

この楽曲で興味深いのは、上に引用させて頂いた歌詞にある『マラソン人』でしょうか?五輪さんの造語なのでしょうが面白いですよね。○×人、、人種を表す言葉以外では、釣り人、旅人等々ありますが、この楽曲がヒットした割には『マラソン人』と言う言葉が、一般的に使われる事は無かったような気がします。人間、鍛える必要はありますが、それも程度問題ではありますよね。

恋人よそばにいて凍える私のそばにいてよ♪

koibitoyo3.jpg


五輪真弓さんと木田高介さんは、家族ぐるみのお付き合いをされる仲で、木田さんのご葬儀に参列された五輪さんは、木田さんの奥様が悲観されているのを目の当たりにしてこの楽曲を作られたそうです。楽曲のタイトルは『恋人よ』ですが、ご主人を亡くされた奥様の気持ちを代弁されたものだったのですね。 恋人と夫婦は違いますが、最高の恋人と夫婦になれると言うことは素晴らしい事なのだと思います。

他界した恋人を思い上に引用させて頂いた歌詞にあるように思ったとしても、それは現世では叶わない事なのですが、気持ちはよく理解できます。人間何時かはあちらに旅立つ日が来ると言うのは頭で理解していても、それが身近な方であれば尚更の事、ショックですよね。祖父が亡くなった時の祖母の、父が他界した時の母のそれぞれの思いは痛いほどよく判りました。五輪真弓さんの『恋人よ』はこちらから聴く事が出来ます。 

GOLDEN☆BEST deluxe 五輪真弓 コンプリート・シングルコレクションGOLDEN☆BEST deluxe 五輪真弓 コンプリート・シングルコレクション
(2009/06/10)
五輪真弓五輪真弓 duet with DELON

商品詳細を見る


追記を閉じる▲
枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり ♪

koibitoyo1.jpg

この楽曲は、1980(昭和55)年8月21日に発売されたシングルに収録された楽曲です。このシングルのカップリング曲は『ジョーカー』と言う楽曲で両方とも作詞、作曲が五輪真弓さんによる作品です。このシングルは、シングル・チャ-トで最高1位を獲得され、96.1万枚を売り上げるヒットとなり、第22回日本レコード大賞で金賞を受賞され、第31回NHK紅白歌合戦に初出場を果たされたようです。

出だしの歌詞から、秋とか冬に発売されたものだと思っていたのですが、8月に発売されたものだったのですね。季節を先取りしたのかも知れませんが、少々早過ぎたような気がしないでもないです。気温が下がり始めると落葉樹は葉を落とし始めますが、暖冬だったりすると春と勘違いして若葉を出すのですね。我が家のガレージの木をみてそう思いました。何処でどう感じとっているのか不思議ですよね。

砂利道を駆け足でマラソン人が行き過ぎる♪


koibitoyo2.jpg


この楽曲は、五輪真弓さんがデビュ-された当時、プロデューサーをされていた木田高介さんの事を思って、書き上げた楽曲だそうです。木田高介さんは、ザ・ナターシャー・セブンのメンバ-で、ソロ活動を始めた直後の1980(昭和55)年5月18日に交通事故で他界されたようです。歌詞を読む限り、他界された方の事を歌われているようには思えないのですが、『死』自体を信じられなかったのかも知れませんね。

この楽曲で興味深いのは、上に引用させて頂いた歌詞にある『マラソン人』でしょうか?五輪さんの造語なのでしょうが面白いですよね。○×人、、人種を表す言葉以外では、釣り人、旅人等々ありますが、この楽曲がヒットした割には『マラソン人』と言う言葉が、一般的に使われる事は無かったような気がします。人間、鍛える必要はありますが、それも程度問題ではありますよね。

恋人よそばにいて凍える私のそばにいてよ♪

koibitoyo3.jpg


五輪真弓さんと木田高介さんは、家族ぐるみのお付き合いをされる仲で、木田さんのご葬儀に参列された五輪さんは、木田さんの奥様が悲観されているのを目の当たりにしてこの楽曲を作られたそうです。楽曲のタイトルは『恋人よ』ですが、ご主人を亡くされた奥様の気持ちを代弁されたものだったのですね。 恋人と夫婦は違いますが、最高の恋人と夫婦になれると言うことは素晴らしい事なのだと思います。

他界した恋人を思い上に引用させて頂いた歌詞にあるように思ったとしても、それは現世では叶わない事なのですが、気持ちはよく理解できます。人間何時かはあちらに旅立つ日が来ると言うのは頭で理解していても、それが身近な方であれば尚更の事、ショックですよね。祖父が亡くなった時の祖母の、父が他界した時の母のそれぞれの思いは痛いほどよく判りました。五輪真弓さんの『恋人よ』はこちらから聴く事が出来ます。 

GOLDEN☆BEST deluxe 五輪真弓 コンプリート・シングルコレクションGOLDEN☆BEST deluxe 五輪真弓 コンプリート・シングルコレクション
(2009/06/10)
五輪真弓五輪真弓 duet with DELON

商品詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2010/01/24 17:47】 | 五輪真弓
トラックバック(0) |

♪わかものは かけてーゆくー
あさ・がお
高石さんもマラソンしてるし、
ナスターシャセブンって、マラソン人があつまっていたのかなぁ。

Re: ♪わかものは かけてーゆくー
oyakoala
あさ・がおさんどうもです。

> 高石さんもマラソンしてるし、
> ナスターシャセブンって、マラソン人があつまっていたのかなぁ。

どうなのでしょうかね。。って違うと思いますよ。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
♪わかものは かけてーゆくー
高石さんもマラソンしてるし、
ナスターシャセブンって、マラソン人があつまっていたのかなぁ。
2010/01/24(Sun) 19:34 | URL  | あさ・がお #-[ 編集]
Re: ♪わかものは かけてーゆくー
あさ・がおさんどうもです。

> 高石さんもマラソンしてるし、
> ナスターシャセブンって、マラソン人があつまっていたのかなぁ。

どうなのでしょうかね。。って違うと思いますよ。
2010/01/24(Sun) 19:59 | URL  | oyakoala #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。