温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kaiga.jpg

上の画像は、親戚の画商を営む方からある記念で頂いた絵画です。左下に作者名が書かれているのですが、判読出来ません。油絵で風車と女性らしき人物が描かれています。風車があると言う事はオランダなのでしょうかね?青空とピンクの花が描かれています。どれ位の価値とかは別にしても、何方が描かれたものなのかだけでも知りたいのですが、今更、親類にも聞きにくかったりします。絵画は良いですよね。自宅に飾るのも良いですが、お値段も様々です。そう言えば、一人暮らしを始めた下宿の近所に画廊があり、一人暮らしの記念に1枚の絵を買いましたが、何処かに置いたのか判らない状態で、どんな絵だったかすら忘れてしまいましtが、当時3000円だったか5000円で買ったものでした。終戦後、すぐに建てられた古い下宿に絵を安物とは言え、絵を掛けていた私は変人扱いされていたような気がします。殆ど設備のない下宿で朝から自炊していた事も変人扱いされる原因だったのかも知れませんが、一人暮らしが嬉しかったことだけ覚えています。

下宿のあった場所は随分昔に駐車場になったと聞きました。下宿の裏には大家さんの自宅があり、お一人住まいでした。あの時既に良い年齢でしたから、現在もご健在であるかどうかは不明ですね。元々お金もちだったのでしょうね。言葉遣い、物腰に品がある方でした。ご主人様は戦争で亡くなられたと聞いた記憶があるのですが、その辺りも曖昧です。卒業以来、下宿のあった町は訪れていませんが、地図を見る限り風景も変わってしまっているのでしょうね。最近は夢に出てこないのですが、以前は何度かその街を歩いている夢を見ました。現実に暮していた頃とは違う風景なのですが、夢に出てくる私は学生か卒業間もない設定でした。就職も別の所に就職してあの近所に住み続けていたら、人生も大きく変わっていたのかも知れません。人生には幾つもの分岐点がある訳ですが、そうしていたら、どんな人生を歩んでいただろうと考える事が多いですね。進学、就職、転職。。違う選択肢を選んでいたら。。と思う今日この頃です。今日最後のBGMはさださんの『絵画館』です。



FC2blog テーマ:つぶやいてみる - ジャンル:その他

【2011/04/16 19:48】 | つぶやき
トラックバック(0) |


長七
記憶の中にあるがもう実在しない。
僕も下宿もずっとまえになくなった・・。
絵はいいですね、ぼくもかざっています

Re: タイトルなし
oyakoala
長七さんどうもです。

> 記憶の中にあるがもう実在しない。
> 僕も下宿もずっとまえになくなった・・。
> 絵はいいですね、ぼくもかざっています

京都も随分変わったでしょうね。
絵はなごみますよね。


ありんこbatan
ホントですね
絵の風景
オランダっぽい!
絵画を部屋に飾るのはいいですよ
生花だと
留守時間が多ければ
お部屋の状態でダメになってしまうこともあるでしょうが
絵ならば
その心配がありません。
名も無い人の絵だって
すごく好きになってしまう絵はありますもんね

人生の分岐点
男性は
やはり
「職業 」というところが大きいでしょう。
女性は
古い考え方かもしれませんが
「結婚相手」かと思います。
途中で
つまずいたり 後悔することがあったとしても
それがあっての人生
死ぬ直前には
いい人生だった
みんなありがとう! と言いたいです。


Re: タイトルなし
oyakoala














ありんこbatanさんどうもです。

> ホントですね
> 絵の風景
> オランダっぽい!
> 絵画を部屋に飾るのはいいですよ
> 生花だと
> 留守時間が多ければ
> お部屋の状態でダメになってしまうこともあるでしょうが
> 絵ならば
> その心配がありません。
> 名も無い人の絵だって
> すごく好きになってしまう絵はありますもんね

そうですね。花とかは管理が難しいでしょうね。

> 人生の分岐点
> 男性は
> やはり
> 「職業 」というところが大きいでしょう。
> 女性は
> 古い考え方かもしれませんが
> 「結婚相手」かと思います。
> 途中で
> つまずいたり 後悔することがあったとしても
> それがあっての人生
> 死ぬ直前には
> いい人生だった
> みんなありがとう! と言いたいです。

そうありたいですね。

いいですね。
koba
こんばんわ。
私も1枚部屋に絵を飾っています。
とある街の風景のデッサンです。
地元の百貨店で購入しました。
理由は、作者の近所に子どものころ住んでおり親しみがあった(あいさつくらいの記憶)
地元では、それなりに有名な方だったそうです。

しかし作品は、とても買えないのでデッサン画、これも抽選当たった方が購入できる方式で1点だけようやく当てたものです。
オークションなら無理だったとおもいます。
時々見るとやっぱり何か違うなって感じます。

Re: いいですね。
oyakoala
kobaさん今晩は!

> こんばんわ。
> 私も1枚部屋に絵を飾っています。
> とある街の風景のデッサンです。
> 地元の百貨店で購入しました。
> 理由は、作者の近所に子どものころ住んでおり親しみがあった(あいさつくらいの記憶)
> 地元では、それなりに有名な方だったそうです。

そんな方の作品なら良いですよね。

> しかし作品は、とても買えないのでデッサン画、これも抽選当たった方が購入できる方式で1点だけようやく当てたものです。
> オークションなら無理だったとおもいます。
> 時々見るとやっぱり何か違うなって感じます。

そうですか。お宝ですね。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
記憶の中にあるがもう実在しない。
僕も下宿もずっとまえになくなった・・。
絵はいいですね、ぼくもかざっています
2011/04/16(Sat) 21:28 | URL  | 長七 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
長七さんどうもです。

> 記憶の中にあるがもう実在しない。
> 僕も下宿もずっとまえになくなった・・。
> 絵はいいですね、ぼくもかざっています

京都も随分変わったでしょうね。
絵はなごみますよね。
2011/04/16(Sat) 22:06 | URL  | oyakoala #-[ 編集]
ホントですね
絵の風景
オランダっぽい!
絵画を部屋に飾るのはいいですよ
生花だと
留守時間が多ければ
お部屋の状態でダメになってしまうこともあるでしょうが
絵ならば
その心配がありません。
名も無い人の絵だって
すごく好きになってしまう絵はありますもんね

人生の分岐点
男性は
やはり
「職業 」というところが大きいでしょう。
女性は
古い考え方かもしれませんが
「結婚相手」かと思います。
途中で
つまずいたり 後悔することがあったとしても
それがあっての人生
死ぬ直前には
いい人生だった
みんなありがとう! と言いたいです。
2011/04/17(Sun) 04:55 | URL  | ありんこbatan #-[ 編集]
Re: タイトルなし














ありんこbatanさんどうもです。

> ホントですね
> 絵の風景
> オランダっぽい!
> 絵画を部屋に飾るのはいいですよ
> 生花だと
> 留守時間が多ければ
> お部屋の状態でダメになってしまうこともあるでしょうが
> 絵ならば
> その心配がありません。
> 名も無い人の絵だって
> すごく好きになってしまう絵はありますもんね

そうですね。花とかは管理が難しいでしょうね。

> 人生の分岐点
> 男性は
> やはり
> 「職業 」というところが大きいでしょう。
> 女性は
> 古い考え方かもしれませんが
> 「結婚相手」かと思います。
> 途中で
> つまずいたり 後悔することがあったとしても
> それがあっての人生
> 死ぬ直前には
> いい人生だった
> みんなありがとう! と言いたいです。

そうありたいですね。
2011/04/17(Sun) 15:07 | URL  | oyakoala #-[ 編集]
いいですね。
こんばんわ。
私も1枚部屋に絵を飾っています。
とある街の風景のデッサンです。
地元の百貨店で購入しました。
理由は、作者の近所に子どものころ住んでおり親しみがあった(あいさつくらいの記憶)
地元では、それなりに有名な方だったそうです。

しかし作品は、とても買えないのでデッサン画、これも抽選当たった方が購入できる方式で1点だけようやく当てたものです。
オークションなら無理だったとおもいます。
時々見るとやっぱり何か違うなって感じます。
2011/04/18(Mon) 02:39 | URL  | koba #X.Av9vec[ 編集]
Re: いいですね。
kobaさん今晩は!

> こんばんわ。
> 私も1枚部屋に絵を飾っています。
> とある街の風景のデッサンです。
> 地元の百貨店で購入しました。
> 理由は、作者の近所に子どものころ住んでおり親しみがあった(あいさつくらいの記憶)
> 地元では、それなりに有名な方だったそうです。

そんな方の作品なら良いですよね。

> しかし作品は、とても買えないのでデッサン画、これも抽選当たった方が購入できる方式で1点だけようやく当てたものです。
> オークションなら無理だったとおもいます。
> 時々見るとやっぱり何か違うなって感じます。

そうですか。お宝ですね。
2011/04/18(Mon) 17:03 | URL  | oyakoala #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。