FC2ブログ
温故知新~昨日があるから明日がある~
今日は朝方雨が降り始め、昼前にはやんだのですが、久し振りに過ごし易い一日でした。こんな天気が続けば良いのにと思っていたところ、明日はまた暑さが戻って来るそうです。・・・


今日8月23日は『白虎隊の日』だそうです。『白虎隊の日』に因みまして今日は堀内孝雄さんの『愛しき日々』を取り上げたいと思います。


※注)今回も歌の内容を再現する画像が準備出来なかったので、ネットで拾って来た画像を加工して使わせて頂いております。不都合があれば削除しますので、お手数ですがご連絡頂ければ幸いです。


風の流れの 激しさに 告げる思いも ゆれ惑う♪

愛しき日々1



この楽曲は1986(昭和61)年10月25日に発売されたシングルに収録された楽曲です。このシングルのB面は『遙かな轍』と言う楽曲で両方とも作詞が小椋佳さん、 作曲が堀内孝雄さんによる作品です。この楽曲の収録されたシングルはシングル・チャ-トで4位を獲得され、このシングルは 21.6 万枚売り上げたようです。



この楽曲は1986(昭和61)年12月30日、31日に日本テレビ系列で放映された「日本テレビ年末時代劇スペシャル」『白虎隊』の主題歌としても使われ、この楽曲のヒットで堀内孝雄さんは翌年度末に行われた第29回日本レコード大賞において作曲賞を受賞されているようです。


雲の切れ間に 輝いて 空しき願い また浮かぶ♪


愛しき日々2



因みにB面の『遙かな轍』と言う楽曲は、1987(昭和62)年12月30日、12月31日に日本テレビ系列で放映された「日本テレビ年末時代劇スペシャル」『田原坂』の主題歌として使われたようです。この」『田原坂』は西郷隆盛さんの半生を描いた作品であったようです。


楽曲の内容は元号が明治に変る16日前の慶応4年8月23日(現在の暦では10月8日)に、戦火に包まれた鶴ヶ城を見て、落城したものと思い自害された白虎隊の方々の事を歌ったようにもとれますし、一般的な青春について歌っているようにもとれるような抽象的な表現の仕方をされているように思われます。


愛しき日々の はかなさは 消え残る夢 青春の影♪

愛しき日々3


自決された『白虎隊』に限らず、戦争は、無駄に大切な命を亡くさせる行為でしかありません。歴史の多くからそれを知っている筈なのに、未だに無くならないのはどうしてなのでしょうかね。この事は一般的な『戦争』に限らず言える事なのですが、『愛国心』とか『愛社精神』が間違った受け止められ方をしたら恐ろしい事になります。

人間の命と引き換えに守られた、『愛国心』とか『愛社精神』はどれだけ大切なものなのでしょうか?人の死が美化されるのは恐ろしいものを感じます。現在の我が国は今後どう言う方向に行ってしまうのでしょうかね。堀内孝雄さんの『愛しき日々』はこちらから少しだけですが試聴が出来ます。 




愛しき日々 シングルA面コレクション / 堀内孝雄



FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2007/08/23 20:14】 | 堀内孝雄
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック