FC2ブログ
温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は午前中は曇っていたのですが、午後から雨が降ったり止んだりのお天気でした。予報によると明日もこんなお天気のようです。折りしも、水不足になりかけているので恵みの雨ではあるのですが、少々の雨では回復しないでしょうね。

今日の1曲目は雅夢の『秋時雨』を取り上げたいと思います。


アスファルト雨にぬれて 濡れ尽くした足音♪

秋時雨1


この楽曲は1981(昭和56)年10月5日に発売された雅夢の4枚目のシングルに収録された楽曲です。この楽曲は作詞、作曲が 三浦和人さんによる作品です。このシングルのB面は『旅愁』と言う楽曲で、こちらは作詞、作曲が中川敏一さんによる作品です。B面は歌われていたのも中川敏一さんのようです。 


雅夢の雨の楽曲と言うと1980(昭和55)年9月25日に発売されたデビュー曲でもある『愛はかげろう』が有名な訳ですが、こちらはどちらかと言うと冬の雨ののようなイメージがあります。『愛はかげろう』のヒットから余りヒット曲に恵まれなかったようですので、同じような状況の楽曲を作られたのでしょうかね。

 
今は遠い昔話 心に言い聞かせてみても♪

秋時雨2



楽曲の内容は『愛はかげろう』同様、雨の日に別れた男性への未練心を歌ったもののようです。ただ、歌詞の内容は『愛はかげろう』に比べると淡々としていると言うか激しい情念のようなものが感じられないような気がします。『愛はかげろう』のような楽曲を作るように周りからプレッシャーをかなりかけられたのでしょうね。

ヒット曲の条件としては、覚えやすいとかインパクトがあるとか法則のようなものがあるのかも知れませんが、それらを満たしていたとしても必ずしもヒットするとは限りませんよね。ヒット曲の共通点を探って、その共通点に従って歌を作ると言う企画が某テレビ番組でされていましたが、ヒットしなかったようです。



秋は枯葉の舞う道で愛はひそかに立ち止まる♪

秋時雨3



全く同じ楽曲なのに、時代が違っていたり、歌われる方が違うだけでも明暗が別れる楽曲もある訳ですから、不思議です。日々進歩している科学や医学が万能でないのと同様、ヒット曲が生まれる背景には、人知は計り知れない何らかのファクターが存在するのかも知れません。

雅夢の『秋時雨』はこちらから少し試聴が出来るのですが、イントロが長すぎるのかイントロだけで終わってしまっています。折角、試聴サイトを作られているのに時間制限があるのかどうかは判りませんが、イントロだけで終わっているのは少々お粗末です。イントロクイズではないのですから・・・



ポプコン・マイ・リコメンド 雅夢 ポプコン・マイ・リコメンド 雅夢
雅夢 (2006/12/21)
キングレコード

この商品の詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2007/09/16 20:36】 | 雅夢
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/09/17(Mon) 21:21 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。