FC2ブログ
温故知新~昨日があるから明日がある~
今日は午前中は曇っていて雨が降りそうな雰囲気だったのですが、午後から天気も回復して暑い位でした。午前中に実家に行き、伸びた木々を切っていたのですが、蚊やら毛虫に刺されて、ただでさえ丸い私の手は更に丸くなってしまいました><
実家の庭で金木犀の花が咲いていたので、今日の1曲目は、堀内孝雄さんの『君のひとみは10000ボルト』を取り上げたいと思います。


とび色のひとみに誘惑のかげり 金木犀の咲く道を♪


君のひとみは10000ボルト1



この楽曲は1978(昭和53)年 8月5日 に発売されたアリス在籍時の堀内孝雄さんのソロ・でビューシングルに収録された楽曲です。この楽曲は作詞が谷村新司さん、作曲が堀内孝雄さんによる作品です。このシングルのB面は『故郷には帰りたくない』と言う楽曲で、こちらは作詞が岩谷時子さん、作曲が堀内孝雄さんによる作品です。


この楽曲は1978(昭和53)年 の資生堂秋のキャンペーンソングにも起用され、このシングルはシングル・チャ-トで最高1位を獲得され、このシングルは96.9万枚を売り上げたようです。この楽曲のヒットにより「君の10000ボルトの瞳」という言葉が流行したそうですが、どんな方がどんな場面で使われたのか不思議です。


まぶしすぎる朝に出逢った時のそんな心のときめきを♪

君のひとみは10000ボルト2



楽曲の内容は、美しい女性に出会い、その女性の美しさを賛美した内容になっています。その例えのひとつとして『二十世紀のジャンヌ・ダーク』と言う比喩をされている所が凄いです。何となくイメージは出来ますが、例え美しくてもひいてしまいそうな気がしないでもないです。もっと別の表現がなかったのでしょうかね。



歌詞の2番に『季節はずれのミストレル』と言うのがあるのですが、これはフランスのローヌ川沿いに冬から春にかけて生じる地中海に向かって吹き下ろす冷たく乾燥した強い北風。を意味する『ミストラル【mistral】』の事を指されているのでしょうね。ミストレス【mistress】では『1 主婦。女主人。2 情婦』になるから意味不明ですよね。



君のひとみは10000ボルト地上に降りた最後の天使♪

君のひとみは10000ボルト3



歌詞やタイトルに使われている『10000ボルト』の『ボルト』とは、ネジのボルトではなく、電圧の単位の事を指しますが、10000ボルトの瞳と言うのはどんな瞳なのでしょうかね。見ただけでビリビリきてしまう瞳と言うのも凄いものがありそうです。因みに冬に起きる静電気は10000ボルト以上になる事が珍しくないそうです。

静電気位だと大した事がないと思ってしまいそうですが、オーストラリアでは、男性の服に帯電した3万ボルトの静電気でビル火災が起きた事があるそうです。堀内孝雄さんの『 君のひとみは10000ボルト』はこちらから少しだけですが試聴が出来ます。 youtubeではそちらからこの楽曲がCMに使われた動画を観る事が出来ます。





30th ANNIVERSARY BEST 30th ANNIVERSARY BEST
堀内孝雄、桂銀淑 他 (2001/06/20)
ZETIMA

この商品の詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2007/10/08 19:07】 | 堀内孝雄
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック