FC2ブログ
温故知新~昨日があるから明日がある~
朝晩と冷え込みますが、昼間は割りと過ごし易いですよね。今日は谷村新司さんの『22歳 』を取り上げたいと思います。
 
22歳 谷村新司




白いシーツを巻きつけ 背中でサヨナラの♪ 


22歳 谷村新司1



この楽曲は1983(昭和58)年10月1日発売されたシングルに収録された楽曲です。このシングルのB面は『ガラスの17歳』と言う楽曲で両面とも作詞、作曲が谷村新司さんによる作品です。この楽曲の収録されたシングルはシングル・チャ-トで最高14位を獲得され、このシングルは27.6万枚を売り上げたようです 。


楽曲の内容は22歳になって付き合っていた彼と別れた女性の心情を歌われたもののようです。そう言えば、の名曲に『22才の別れ』と言う楽曲がありましたが、22歳と言うのは女性にとって微妙な年齢だったのでしょうか?今でこそ言われなくなりましたが、昔は女性の適齢期をクリスマス・ケ-キに例えられた時代もありました。


優しくもない貴方に振り回された日々♪ 』

22歳 谷村新司2



22歳と言えば、医薬学部をなど特殊な学部を除けば、ストレートでいけば大学を卒業するくらいの年齢ですよね。平均初婚年齢の推移を調べてみると、女性の平均初婚年齢は1981(昭和56)年まで23歳位だったようです。その後年々伸びて昨年は28歳となっているようです。


平均寿命も伸びている訳ですから、これからも初婚年齢が伸びていく可能性は充分ありえますよね。時代の流れが変わっても、現在色々なところで牛耳られている方々の常識は変わらないようで、この辺りのギャップが社会を歪めている原因のひとつではないかと思う事がしばしばあります。


ああ夏がゆく 傷を残して 風はもう秋の気配♪


22歳 谷村新司3



歌詞の内容からすると、22歳になったから、本気で結婚も考えないといけない年頃になったかし、あなたのような優しくもない男との遊びは卒業すると言う気持ちがあったのでしょうかね。それだけ何歳ではどうしなければいけないと言う拘りが昔は強かったと言う事なのでしょうね。



この楽曲が流行した年私はまだ、22歳にもなっていませんでしたが、22歳になられたばかりの先輩が毎日のようにこの歌を口ずさんでいたのを覚えています。その方は男性なのですが、自分の年齢と同じだったので気に入られていたのかも知れません。谷村新司さんの『22歳 』は こちらから少しだけ試聴が出来ます。





ザ・ベスト ザ・ベスト
谷村新司、加山雄三 他 (1997/09/26)
ポリスター

この商品の詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2007/11/03 22:17】 | 谷村新司
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック