FC2ブログ
温故知新~昨日があるから明日がある~
トラバとかコメントを承認制にしたにも関わらず、相変わらず、変なサイトやブログへの誘導書き込みが減りません。承認制にする事で来て頂ける方の目に触れる事は私が間違って承認しない限り無い訳ですが、おかしな誘導書き込みをされる方の心理が未だに理解出来ません。

どう言う方がされているのか、存じないのですが、年々質が低下しているように思われます。それだけネットされる方の裾野が広がったと言えばそれまでなのですが、確か、最近迷惑メールで逮捕された方が居られましたよね。その事はご存知の上でされている事なのでしょうから、私がとやかく言う義理も義務も無い訳ですか、書き込みのボタンを押される前にもう一度考えてみてください。

それによって、逮捕される事があったり、数千万に及ぶ罰金を科せられようがそれは自己責任ですから・・


今日のラストは少し重い内容の楽曲なのですが、さだまさしさんの『療養所(サナトリウム) 』で締めたいと思います。
     

病室を出てゆくのというのに こんなに心が重いとは♪

療養所(サナトリウム)1


この楽曲は1979(昭和54)年4月10日に発売されたアルバム『夢供養』に収録された楽曲で、作詞、作曲がさださんによる作品です。この楽曲の収録されたアルバムはオリコンのアルバムチャ-トで最高1位を獲得され、このアルバムは第21回日本レコード大賞 においてベスト・アルバム賞を受賞されたようです。


楽曲の内容は『療養所(サナトリウム)』を退院する日の男性の心情を歌われたもののようです。退院する訳ですから、本来は嬉しい筈なのですが、この楽曲の主人公が上に引用させて頂いた歌詞に出て来るような気持ちになられた理由は後の歌詞に出て来ます。回想すると言う形で歌は進行して行きます。 


たった今飲んだ薬の数さえすぐに忘れてしまう彼女は♪

療養所(サナトリウム)2


楽曲のタイトルや歌詞にも出て来る『療養所(サナトリウム)』とは、長期的な療養を必要とする人のための療養所の事を指し、元々は結核治療の為の施設を指したそうですが、結核の治癒率が高まった事により、精神疾患や認知症、脳卒中後遺症など他の病気を含めたものとなっているようです。    

人間年をとると物忘れも激しくなり、上に引用させて頂いた歌詞に出て来るような事もあるでしょうね。私も過去何度か手術の為に入院した事があり、その場所が楽曲と同じ所謂、雑居病棟と呼ばれる場所だったのですが、幾ら年をとられていても男性と女性が同じ病室に入院はされていませんでした。


わずか一人だが 彼女への見舞客に来週からなれること♪

療養所(サナトリウム)3



見舞いなどで近くの小さな病院等へ行くと、見舞い客が何ヶ月も来られない方が何人も居られたりします。身体が弱りきってしまっているので、自活する事自体難しいのでしょうから、寝泊りする場所と食事だけでもあるだけでもましなのかも知れませんが悲しい気持ちになる事が何度もあります。

だからと言って、見知らぬ方に私が何かをしてあげれる訳でもなく、いらぬお節介と言われてしまえばそれまでなのですが、この国の先行きの暗さを感じずには居られず、少しでも何とかできなかと苦悩する事が最近多いです。さださんの『療養所(サナトリウム) 』はyoutubeではそちらから聴く事が出来ます。


夢供養夢供養
(1999/02/26)
さだまさし

商品詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2008/03/16 20:01】 | さだまさし
トラックバック(0) |


はるのひ
こんばんは。
youtubeできいて、懐かしい歌でした。昔FMから録音したことがあった曲でした。
見知らぬ患者さんにも何か力になれないかと思われるのはお優しい心ですね。
それにひきかえ、迷惑な書き込みの人達は、それが仕事なのか知りませんが、こちらが何を言っても全く読みもしてないのですから、空しいです。一般によく使われているドメインだったら制限もできないのが残念です。


しのちゃん
親こあらさんこんにちは~(^-^)。
迷惑メールの規制はドンドンとやるべきだと私も思います。
ケータイはまだ受信拒否が可能ですけど…限度がありますよね。
パソコンはかなり大変ですよね。
ご苦労様です。
今は何でもかんでも根幹から崩壊しているから…でも裏金作るぐらいだったらその分医療関係や福祉に回す方が良いと思いますが…そうもいかないんですよね。
道路のこともそうですが…やはりしょせん人間がしていることだから国民のためより官僚や政治家は自分を守るためだけしか政治をしていないんですよね。
と言ったところで変わるわけでもないので…でも国民は声をあげるべきだと思います。


親こあら
はるのひさん今晩は!!

>youtubeできいて、懐かしい歌でした。昔FMから録音したことがあった曲でした。

昔はFMでエアーチェックてをする方多かったですよね。

>見知らぬ患者さんにも何か力になれないかと思われるのはお優しい心ですね。
それにひきかえ、迷惑な書き込みの人達は、それが仕事なのか知りませんが、こちらが何を言っても全く読みもしてないのですから、空しいです。一般によく使われているドメインだったら制限もできないのが残念です。

うん~どうなのでしょうかね。彼らはちゃんと読んでその上でやられているような気がします。所謂、確信犯だと私は思っています。



親こあら
しのぶさん今晩は!!

>迷惑メールの規制はドンドンとやるべきだと私も思います。
ケータイはまだ受信拒否が可能ですけど…限度がありますよね。
パソコンはかなり大変ですよね。
ご苦労様です。

いえいえ^^有難う御座います。そうなのですよね。訳が判らないです。

>今は何でもかんでも根幹から崩壊しているから…でも裏金作るぐらいだったらその分医療関係や福祉に回す方が良いと思いますが…そうもいかないんですよね。
道路のこともそうですが…やはりしょせん人間がしていることだから国民のためより官僚や政治家は自分を守るためだけしか政治をしていないんですよね。
と言ったところで変わるわけでもないので…でも国民は声をあげるべきだと思います。

私もそう思いますよ。自分達でやっていかないといけないこととは別に声を上げていかないといいようにされますからね。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
youtubeできいて、懐かしい歌でした。昔FMから録音したことがあった曲でした。
見知らぬ患者さんにも何か力になれないかと思われるのはお優しい心ですね。
それにひきかえ、迷惑な書き込みの人達は、それが仕事なのか知りませんが、こちらが何を言っても全く読みもしてないのですから、空しいです。一般によく使われているドメインだったら制限もできないのが残念です。
2008/03/17(Mon) 01:13 | URL  | はるのひ #gpL9eYu6[ 編集]
親こあらさんこんにちは~(^-^)。
迷惑メールの規制はドンドンとやるべきだと私も思います。
ケータイはまだ受信拒否が可能ですけど…限度がありますよね。
パソコンはかなり大変ですよね。
ご苦労様です。
今は何でもかんでも根幹から崩壊しているから…でも裏金作るぐらいだったらその分医療関係や福祉に回す方が良いと思いますが…そうもいかないんですよね。
道路のこともそうですが…やはりしょせん人間がしていることだから国民のためより官僚や政治家は自分を守るためだけしか政治をしていないんですよね。
と言ったところで変わるわけでもないので…でも国民は声をあげるべきだと思います。
2008/03/17(Mon) 11:03 | URL  | しのちゃん #-[ 編集]
はるのひさん今晩は!!

>youtubeできいて、懐かしい歌でした。昔FMから録音したことがあった曲でした。

昔はFMでエアーチェックてをする方多かったですよね。

>見知らぬ患者さんにも何か力になれないかと思われるのはお優しい心ですね。
それにひきかえ、迷惑な書き込みの人達は、それが仕事なのか知りませんが、こちらが何を言っても全く読みもしてないのですから、空しいです。一般によく使われているドメインだったら制限もできないのが残念です。

うん~どうなのでしょうかね。彼らはちゃんと読んでその上でやられているような気がします。所謂、確信犯だと私は思っています。
2008/03/17(Mon) 20:28 | URL  | 親こあら #oYOZKs9U[ 編集]
しのぶさん今晩は!!

>迷惑メールの規制はドンドンとやるべきだと私も思います。
ケータイはまだ受信拒否が可能ですけど…限度がありますよね。
パソコンはかなり大変ですよね。
ご苦労様です。

いえいえ^^有難う御座います。そうなのですよね。訳が判らないです。

>今は何でもかんでも根幹から崩壊しているから…でも裏金作るぐらいだったらその分医療関係や福祉に回す方が良いと思いますが…そうもいかないんですよね。
道路のこともそうですが…やはりしょせん人間がしていることだから国民のためより官僚や政治家は自分を守るためだけしか政治をしていないんですよね。
と言ったところで変わるわけでもないので…でも国民は声をあげるべきだと思います。

私もそう思いますよ。自分達でやっていかないといけないこととは別に声を上げていかないといいようにされますからね。
2008/03/17(Mon) 20:32 | URL  | 親こあら #oYOZKs9U[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック