FC2ブログ
温故知新~昨日があるから明日がある~
今日も暑い一日でした。帰宅する途中、ラジオを聴いていると、山下達郎さんの楽曲が流れていました。まだ、梅雨も明けていませんが、気分は夏気分です。

さて、今日は、南野陽子さんのお誕生日ですので、1曲目は 『トラブル・メーカ』を取り上げたいと思います。 




TVに映った海のリゾート 一人旅したいと訊ねてみた 行ってもいいよ♪


トラブル・メーカー1



この楽曲は、1989(平成元)年6月21日に発売された南野陽子さんの15枚目のシングルに収録された楽曲で、作詞が 南野陽子さん、作曲が木戸泰弘さんによる作品です。このシングルのB面は『瞳のなかの未来』と言う楽曲でこちらは、 作詞が田口俊さん、作曲が上田知華さんによる作品です。

現在はテレビ番組で旅番組と言うのも余り、見掛けなくなりましたが、以前は、色々な放送局で放映されていましたよね。上に引用させて頂いた歌詞にあるように、旅番組を観て、その場所に行きたいと思われた方も多かったでしょうね。でも、楽曲の主人公は彼氏を試したいと言う気持ちの方が強かったようです。


満たされるだけじゃ満足出来ないただ悩ませる私はトラブル・メーカー?♪

トラブル・メーカー2


この楽曲はシングル・チャ-トで最高2位を獲得され、このシングルは 18.3万枚を売り上げたようです。楽曲のタイトルや上に引用させて頂いた歌詞に出て来る『トラブル・メーカー』と言うのは『 もめごとをよく起こす人。』を指します。最近、よく聞く『クレイマー』と呼ばれる方達もある意味トラブル・メーカーですよね。

正当な理由で、クレームを付けるのは仕方が無い事なのですが、少し前にテレビを観ていると、金品を騙し取る目的でされている方も居られるようですので、狙われた相手は堪らないですよね。少し我侭な印象は否めませんが、この楽曲の主人公の女性の場合は、彼氏に甘えたかったのだと思います。


ほら、怒るかしら 笑うかしら 後の事も考えずにいつでもあなたに♪

トラブル・メーカー3


少し前に、南野陽子さんは本当に我侭かどうかを試す酷い番組を観た事があります。内容が酷く最後まで観ていませんが、若い頃は確かにそう言われていた時期があったような記憶があります。本当の所はどうか判りませんが、彼女自身が作詞を手掛けたこの作品から来る印象とかもあったのかも知れません。

芸能人だからと言って、四六時中、笑顔を絶やさいる訳にも行きませんし、生身の人間ですから、喜怒哀楽があって当然ですが、有名人税と呼ぶには酷な事かも知れません。南野陽子さんの『トラブル・メーカー』 はこちらの方で少しだけ試聴が出来ます。youtubeではそちらから歌われている動画を観る事が出来ます。



GOLDEN☆BEST/南野陽子 ナンノ・シングルス3+マイ・フェイバリットGOLDEN☆BEST/南野陽子 ナンノ・シングルス3+マイ・フェイバリット
(2003/07/16)
南野陽子

商品詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2008/06/23 21:35】 | 南野陽子
トラックバック(0) |

バッシング。
koba
少し修正加筆しました。
 この頃「ナンノは、わがままで仕事にこないっ!」てゴシップ紙に書かれたのを口火にマスコミから集中砲火のような「バッシング」をうけた後で本人なりの答えのような曲では。
 当時種々の事情で所属事務所が2つマネージャーも2人、人気上昇とともにWブッキングの続発で、楽屋では口論が絶えなかったそうです。
(仕事にこないのではなく、別の仕事をしていただけ、しかも本人はその事を飛ばした後から知る、悲喜劇のようです)
 南野さんは、自分で営業していた時期があり、その辺りがわかりまた、思ったことを口にされる方だそうなので、そこを生意気・わがままと書かれてしまったようですが。
 この曲にある、たずねる相手の彼とは、実は事務所のことだと聞いたことがあります。
それを知ってからこの曲を聴くと、後の独立含めかなり意味深な曲です。 

Re: バッシング。
oyakoala
kobaさん今晩は!

>  この頃ナンノは、「わがままで仕事にこないっ!」てゴシップ紙に書かれたのを口火にマスコミから集中砲火のような「バッシング」をうけた後で本人なりの答えのような曲ですね。
>  当時種々の事情で所属事務所が2つマネージャーも2人、人気上昇とともにWブッキングの続発で、楽屋では口論が絶えなかったそうです。
> (仕事にこないのではなく、別の仕事をしていただけ、しかも本人はその事を飛ばした後から知る、悲喜劇のようです)
>  南野さんは、自分で営業していた時期があり、その辺りがわかりまた、思ったことを口にされる方だそうなので、そこを生意気と書かれてしまったようですが。


難しい問題でしょうね。自分の意志を通そうとすれば
我侭ととられることもあるでしょうし、かと言って
嫌な仕事だってあったでしょうね。


難しいですね。
koba
この曲に出てくる、尋ねる相手(彼?)とは、実は「事務所」のことだと聞いた事があります。そのことを頭においてこの曲を今になって聞くと後の独立等、かなり意味深な曲だと感じます。

Re: 難しいですね。
oyakoala
kobaさんどうもです。

> この曲に出てくる、尋ねる相手(彼?)とは、実は「事務所」のことだと聞いた事があります。そのことを頭においてこの曲を今になって聞くと後の独立等、かなり意味深な曲だと感じます。

それが真実だとすればかなり意味深な歌詞の内容ですね。・・

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
バッシング。
少し修正加筆しました。
 この頃「ナンノは、わがままで仕事にこないっ!」てゴシップ紙に書かれたのを口火にマスコミから集中砲火のような「バッシング」をうけた後で本人なりの答えのような曲では。
 当時種々の事情で所属事務所が2つマネージャーも2人、人気上昇とともにWブッキングの続発で、楽屋では口論が絶えなかったそうです。
(仕事にこないのではなく、別の仕事をしていただけ、しかも本人はその事を飛ばした後から知る、悲喜劇のようです)
 南野さんは、自分で営業していた時期があり、その辺りがわかりまた、思ったことを口にされる方だそうなので、そこを生意気・わがままと書かれてしまったようですが。
 この曲にある、たずねる相手の彼とは、実は事務所のことだと聞いたことがあります。
それを知ってからこの曲を聴くと、後の独立含めかなり意味深な曲です。 
2010/08/14(Sat) 11:22 | URL  | koba #X.Av9vec[ 編集]
Re: バッシング。
kobaさん今晩は!

>  この頃ナンノは、「わがままで仕事にこないっ!」てゴシップ紙に書かれたのを口火にマスコミから集中砲火のような「バッシング」をうけた後で本人なりの答えのような曲ですね。
>  当時種々の事情で所属事務所が2つマネージャーも2人、人気上昇とともにWブッキングの続発で、楽屋では口論が絶えなかったそうです。
> (仕事にこないのではなく、別の仕事をしていただけ、しかも本人はその事を飛ばした後から知る、悲喜劇のようです)
>  南野さんは、自分で営業していた時期があり、その辺りがわかりまた、思ったことを口にされる方だそうなので、そこを生意気と書かれてしまったようですが。


難しい問題でしょうね。自分の意志を通そうとすれば
我侭ととられることもあるでしょうし、かと言って
嫌な仕事だってあったでしょうね。
2010/08/14(Sat) 20:37 | URL  | oyakoala #-[ 編集]
難しいですね。
この曲に出てくる、尋ねる相手(彼?)とは、実は「事務所」のことだと聞いた事があります。そのことを頭においてこの曲を今になって聞くと後の独立等、かなり意味深な曲だと感じます。
2010/08/16(Mon) 00:36 | URL  | koba #X.Av9vec[ 編集]
Re: 難しいですね。
kobaさんどうもです。

> この曲に出てくる、尋ねる相手(彼?)とは、実は「事務所」のことだと聞いた事があります。そのことを頭においてこの曲を今になって聞くと後の独立等、かなり意味深な曲だと感じます。

それが真実だとすればかなり意味深な歌詞の内容ですね。・・
2010/08/16(Mon) 16:06 | URL  | oyakoala #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック