FC2ブログ
温故知新~昨日があるから明日がある~
今日は午前中はそこそこ暑かったのですが、午後から風が秋めいて来ました。今年はどうなっているのでしょうかね。さて、夏もそろそろ終わりと言う事で今日は麻丘めぐみ さんの『 夏の終りに来た手紙 』を取り上げたいと思います。



夏の終わりの あのお手紙はさよならだったのね怖くて私は読んでいません♪


夏の終りに来た手紙1


この楽曲は、1975(昭和50)年 8月15日に発売されたシングル『美しく燃えながら』のB面に収録された楽曲で両面とも作詞が さいとう 大三さん、作曲が馬飼野 俊一さんによる作品です。この楽曲の収録されたシングルはシングル・チャ-トで最高37位を獲得され、このシングルは 4.2万枚を売り上げたようです。


上に引用させて頂いた歌詞からすると、楽曲の主人公の女性は男性からの別れを予感しておきながら、その現実を認めたくなかったのでしょうね。手紙を読めば彼が出て行った理由も判るのでしょうが、怖くて開封できないようです。わざわざ手紙にしたと言うにも彼側も言い出し難かったのかも知れないですよね。


夏の終わりの あの横顔はさよならだったのねあの日はやっぱり気遣いでしょう♪

夏の終りに来た手紙2


恋愛が終わる理由も様々ですが、彼は別れも告げずに彼女の前から姿を消されたようです。引用させて頂いた歌詞には『夏の終わり』とあるので、夏に燃え上がった恋心も夏が過ぎる頃には冷めてしまったと言う事なのでしょうかね。うすうす気が付いても、後からその訳が判ると言う事はよくある事ですよね。

この二人がどれ位付き合われていたのかは歌詞には出て来ないので判りませんが、上に引用させて頂いた歌詞からすると、彼は彼女に最後の気遣いをされたようです。男性側からすれば、気遣いと言うよりは、別れる決心が鈍ると考えて敢えて口に出さずに誤魔化していたのかも知れませんせんね。


さよならの理由を 今はとても知りたいけれど 私は怖くて読めません♪

夏の終りに来た手紙3


上に引用させて頂いた歌詞にあるように、彼女自身も手紙を読まれていないようなので、彼が別れた理由を知る事は出来ませんが、怖くて読めないと言う気持ちは理解出来るような気がします。彼女がこの手紙を読む事があるのか無いのかまでは判りませんが、そのまま読まないような気がします。


そう思うのは、彼女自身は彼が姿を消した理由をうすうすは気が付いているけれど、それを彼が書いた手紙で確認する事が怖かったのではないかと思うからです。手紙と言うのは言葉に出して言うより重く感じられますよね。麻丘めぐみさんの『夏の終りに来た手紙 』はこちらで少しだけですが聴くこと事が出来ます。


BOX 72-77BOX 72-77
(2003/11/21)
麻丘めぐみ

商品詳細を見る



FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2008/08/25 18:51】 | 麻丘めぐみ
トラックバック(0) |


ありんこbatan
この方が
そんな歌を歌われていたのですか。。
>さよならの理由を 今はとても知りたいけれど 私は怖くて読めません
多分
はっきりとは書いてなかったのではないかと思います。。
きっと
言い訳の羅列だったのでしょう。。
>手紙と言うのは言葉に出して言うより重く感じられますよね
そうですね。。
衝動的に書いてしまったとしても
書き直しがききますからね~。。

こんなお別れのお手紙を書く人って
どれくらいいるんでしょうね~。。


親こあら
ありんこbatanさん今晩は!!

>この方が
そんな歌を歌われていたのですか。。

イメージと違いますよね^^

>>さよならの理由を 今はとても知りたいけれど 私は怖くて読めません
多分
はっきりとは書いてなかったのではないかと思います。。
きっと
言い訳の羅列だったのでしょう。。

そうなのかも知れませんね・・・


>>手紙と言うのは言葉に出して言うより重く感じられますよね
そうですね。。
衝動的に書いてしまったとしても
書き直しがききますからね~。。

こんなお別れのお手紙を書く人って
どれくらいいるんでしょうね~。。

どうなのでしょうかね。殆ど居られないかも知れないですね。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
この方が
そんな歌を歌われていたのですか。。
>さよならの理由を 今はとても知りたいけれど 私は怖くて読めません
多分
はっきりとは書いてなかったのではないかと思います。。
きっと
言い訳の羅列だったのでしょう。。
>手紙と言うのは言葉に出して言うより重く感じられますよね
そうですね。。
衝動的に書いてしまったとしても
書き直しがききますからね~。。

こんなお別れのお手紙を書く人って
どれくらいいるんでしょうね~。。
2008/08/26(Tue) 16:24 | URL  | ありんこbatan #-[ 編集]
ありんこbatanさん今晩は!!

>この方が
そんな歌を歌われていたのですか。。

イメージと違いますよね^^

>>さよならの理由を 今はとても知りたいけれど 私は怖くて読めません
多分
はっきりとは書いてなかったのではないかと思います。。
きっと
言い訳の羅列だったのでしょう。。

そうなのかも知れませんね・・・


>>手紙と言うのは言葉に出して言うより重く感じられますよね
そうですね。。
衝動的に書いてしまったとしても
書き直しがききますからね~。。

こんなお別れのお手紙を書く人って
どれくらいいるんでしょうね~。。

どうなのでしょうかね。殆ど居られないかも知れないですね。
2008/08/26(Tue) 20:39 | URL  | 親こあら #oYOZKs9U[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック