FC2ブログ
温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝はかなり涼しかったのに、昼間は暑かったですね。仕事を終え、家路に着く時が一番ほっとしてしまう今日この頃です。という事で今日は岩崎宏美さんの『家路』を取り上げたいと思うのですが、『家路』と聞くとドヴォルザーク作曲の交響曲第9番の第2楽章に日本語の歌詞がつけられた唱歌「家路(遠き山に日は落ちて) 」を思い出します。子供の頃、暗くなるまでよく外で遊んだものでした。夕暮れ時になると地元の町役場のスピーカーから唱歌「家路」のメロディーが流れていたように思います。調べてみると唱歌「家路(遠き山に日は落ちて) 」には二つの日本語歌詞がつけられていたようです。堀内敬三さん作詞のものと、野上彰さん作詞のもの があるようです。私が知っているのは堀内敬三さん作詞のもの で、野上彰さん作詞のもの は記憶になかったです。



家路 岩崎宏美



ワイン・カラーの黄昏はひとを子供にかえるわ♪


家路1



この楽曲は1983(昭和58)年 8月 21日に発売されたシングルに収録された楽曲で、作詞が 山川啓介さん、作曲が木森敏之さんによる作品です。このシングルのB面は、『それぞれの朝』と言う楽曲で、こちらは作詞:、作曲:が伊藤薫さんによる作品です。作られた方が同じ為か何処か『聖母たちのララバイ』に似ているような気がします。



上に引用させて頂いた歌詞に出て来るフレーズは理解できるような気がします。特に、夕日が綺麗な黄昏時は意味も無く嬉しくなるのは私だけなのでしょうかね。夕日が沈み夜の帳が閉じて行くのは寂しいものですが、綺麗な夕日を見ている間は何処と無くワクワクした感じがします。あのワクワク感と言うのが何処から来るのか自分でも判りません。


小さな頃パパを待ち改札口を見つめた♪


家路2


この楽曲の収録されたシングルは、シングルチャ-トで最高4位を獲得され、このシングルは 32.0 万枚を売り上げ、このヒットで第25回『日本レコード大賞において金賞を受賞されています。この楽曲は日本テレビ系列で放映された「火曜サスペンス劇場」の主題歌として1983(昭和58)年年5月3日~1984(昭和59)年 6月26日に放映されたようです。


私が生まれ育った田舎町には、鉄道が走っていなかったので、上に引用させて頂いた歌詞にあるように、親を駅の改札口まで迎えに行った事はないのですが、小さな頃母の帰り道で母が帰って来るのを待ち侘びた記憶があります。地方においては電車で通勤される方も少ないので、楽曲の主人公は都会で生まれ育たれたのでしょうね。


お帰りなさい開けてあるの優しさの鍵は♪


家路3


火曜サスペンス劇場」の主題歌と言えば、前述の『聖母たちのララバイ』 もこの番組の主題歌でした。作詞されたのは、両方とも山川啓介さんです。女性の優しさを歌ったものなのか、男性の希望的観測で書かれた女性像なのかは判りませんが、上に引用させて頂いた歌詞だけを見てもかなり、意味深だと思うのは私だけでしょうか?


歌詞の内容からすると、楽曲の主人公は、浮気をした彼を許し、尚且つ、上に引用させて頂いた歌詞にあるように『優しさの鍵』を開けてあるようです。個人的には怒ってくれた方が、気持ちが楽だと思うのですが・・岩崎宏美 さんの『家路』はこちらから、少しだけ試聴が出来ます。youtubeではそちらで歌われている動画を観る事が出来ます。


GOLDEN☆BESTGOLDEN☆BEST
(2007/03/21)
岩崎宏美

商品詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2008/09/13 21:01】 | 岩崎宏美
トラックバック(0) |


ありんこbatan
子どもの頃
遠き山に日は落ちて・・夕方5時になると
このメロディが流れてました。
市役所か公民館か
どこから流れてたのか。。
聖母たちのララバイ・・そうですね。似てますね!
夕日のきれいさに出逢えたときは
ホント、しあわせ感でいっぱいになりますよ~♪
浮気をした彼に
お帰りなさい、と言えるのは
よっぽどホレているか
人生を達観されている女性なのでは・・っていう気がします。


親こあら
ありんこbatanさん今晩は!!

>子どもの頃
遠き山に日は落ちて・・夕方5時になると
このメロディが流れてました。
市役所か公民館か
どこから流れてたのか。。

そうですか^^これを使われていた場所と言うのは多そうですね。

>聖母たちのララバイ・・そうですね。似てますね!
夕日のきれいさに出逢えたときは
ホント、しあわせ感でいっぱいになりますよ~♪

綺麗な夕日は大人も子供にかえす魅力があるのかも知れませんね。

>浮気をした彼に
お帰りなさい、と言えるのは
よっぽどホレているか
人生を達観されている女性なのでは・・っていう気がします。

なるほど・・そうかも知れませんね・・・


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
子どもの頃
遠き山に日は落ちて・・夕方5時になると
このメロディが流れてました。
市役所か公民館か
どこから流れてたのか。。
聖母たちのララバイ・・そうですね。似てますね!
夕日のきれいさに出逢えたときは
ホント、しあわせ感でいっぱいになりますよ~♪
浮気をした彼に
お帰りなさい、と言えるのは
よっぽどホレているか
人生を達観されている女性なのでは・・っていう気がします。
2008/09/14(Sun) 17:28 | URL  | ありんこbatan #-[ 編集]
ありんこbatanさん今晩は!!

>子どもの頃
遠き山に日は落ちて・・夕方5時になると
このメロディが流れてました。
市役所か公民館か
どこから流れてたのか。。

そうですか^^これを使われていた場所と言うのは多そうですね。

>聖母たちのララバイ・・そうですね。似てますね!
夕日のきれいさに出逢えたときは
ホント、しあわせ感でいっぱいになりますよ~♪

綺麗な夕日は大人も子供にかえす魅力があるのかも知れませんね。

>浮気をした彼に
お帰りなさい、と言えるのは
よっぽどホレているか
人生を達観されている女性なのでは・・っていう気がします。

なるほど・・そうかも知れませんね・・・
2008/09/14(Sun) 19:12 | URL  | 親こあら #oYOZKs9U[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。