FC2ブログ
温故知新~昨日があるから明日がある~
今朝は冷え込んだものの、昼からかなり暖かくなったと言うか暑い位でした。寒くなるのが早いと思っていたのに、おかしなお天気ですよね。今日は久し振りに、かぐや姫で『大きな片想い』を取り上げます。 


いちょう並木で君をみたチェックのスカート黒い瞳♪ 

大きな片想い1


この楽曲は1973(昭和48)年7月20日に発売された、かぐや姫のアルバム『かぐや姫 さあど』に収録された歌で作詞、作曲が南こうせつ さんによるものです。片想いに大きさをどうやって測るのかは判りませんが、その昔、『大きいことはいいことだ』と言うは流行語がありましたから、小さいより大きな方が良かったのでしょうかね。


上に引用させて頂いた歌詞にもありますが、片想いをした女性の特徴は『チェックのスカート 黒い瞳』としか歌われていませんが、何方をイメージされたものだったのでしょうかね。私の個人的なイメージでは、麻丘めぐみさんとか、南沙織さんとか、アグネス・チャンさんなどを思い浮かべます。チェックのスカートと言うところに時代を感じます。


毎晩見る夢は、朝の牧場かけてゆき 唇重ねあう♪

大きな片想い2


楽曲の内容は銀杏並木で見かけた女性に一目ぼれをし、毎日彼女に会うために通うけれど勇気がなくて声が掛けられないまま季節は過ぎ彼女はそこを通らなくなったと言うもののようです。純情な青年の気持ちを歌ったもので、共感できる部分が多い楽曲ですが、夢の中で彼女とキスする夢を毎晩みるとすればノイローゼになってしまいそうですよね。

夢でみるキスの場所が早朝の牧場と言う所が面白いですよね。田舎で生れ育った私でも、牧場と言うのは余り見た記憶がありません。牧場に限らず、畜産農家さんと言うのは匂いとかの問題で中々人目につくような場所では出来ませんから、それも仕方が無いのかも知れません。牛さん達に見守られてキスをする夢を見られていたのでしょうかね。


それともお嫁に行ったのか さようなら 大きな片想いバイバイ♪ 

大きな片想い3


ここまで思いが深ければ主人公は何らかのアクションを起こすと思いますが、この楽曲の主人公は、出会った場所までは行くけれど彼女の後姿を見送るばかりだったようです。声を掛けられなかったのは純情だっただけでなく、彼女から無視されたり、話しかけても上手く行かなかった事が頭に浮かんで声を掛けられなかったのかも知れないですね。


純情青年(少年)だった時の片想いを思い出させてくれる一曲です。私が生まれて初めてこの歌と同じような体験をしたのは、中学生の時だったでしょうか・・四六時中頭から離れませんでした。私の場合も告白しないまま大きな片想いで終わりました。かぐや姫の『大きな片想い』はこちらから少しだけ試聴が出来ます。 




かぐや姫さあどかぐや姫さあど
(2007/04/04)
かぐや姫

商品詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2008/10/08 22:35】 | かぐや姫
トラックバック(0) |


ありんこbatan
親こあらさんの歌詞分析
おもしろ過ぎです~!
御自身
本当に純情少年だったのですね。。
チェックのスカート・・そうですね~
ひとむかし前の少女のイメージかもしれませんね。
その上が白いブラウス・・ってのが
イメージに拍車をかけるかな。。
片想いで
声もかけられず終わってしまったら
その想い出は
まさに
大きなものになるのかも。。


親こあら
ありんこbatanさん今晩は!!

>親こあらさんの歌詞分析
おもしろ過ぎです~!
御自身
本当に純情少年だったのですね。。

受けて頂いて光栄です。純情と言うより晩生だったのでしょうね。

>チェックのスカート・・そうですね~
ひとむかし前の少女のイメージかもしれませんね。
その上が白いブラウス・・ってのが
イメージに拍車をかけるかな。。

一昔前を意識しています。・・・今こんな方、殆ど見掛けないですよね。

>片想いで
声もかけられず終わってしまったら
その想い出は
まさに
大きなものになるのかも。。

確かにそうかも知れません。・・


groove night
こんばんは、
LP「かぐや姫さあど」持ってたけど何処にしまっちゃったかな?

チェック柄のミニスカート、
パッチリした目に黒い瞳、
さらさらで蒼い(黒です)髪の毛、
当時のちょっとお洒落で可愛い少女のイメージそのものですね。

でも、「早朝の牧場」は深い意味は無いと俺は思います。
素朴で純情な少年を連想させる言葉で使っているんじゃないかな。
このころのフォークソングの歌詞には存在しないものをイメージを膨らませるために敢えて使ったりしています。
例えば「名残雪-汽車を待つ君の横で僕は、、」
「心の旅-、、、、、、、、、、、僕は汽車の中」
もう汽車は走っていない時代なので、正確には電車、夜行列車なんです。
もっとも南こうせつは九州の何処かの出身らしいので、そんな景色を見ていたかも知れません。
いずれにしても「南こうせつ」らしいコミカルで楽しい曲ですね。


親こあら
groove nightさん今晩は!!

>LP「かぐや姫さあど」持ってたけど何処にしまっちゃったかな?

そう言う事よくありますよね。私も何処へしまったのか判らなくなったものあります。

>チェック柄のミニスカート、
パッチリした目に黒い瞳、
さらさらで蒼い(黒です)髪の毛、
当時のちょっとお洒落で可愛い少女のイメージそのものですね。

そうなのですよね。最近、見掛けませんが・・・

>でも、「早朝の牧場」は深い意味は無いと俺は思います。
素朴で純情な少年を連想させる言葉で使っているんじゃないかな。
このころのフォークソングの歌詞には存在しないものをイメージを膨らませるために敢えて使ったりしています。
例えば「名残雪-汽車を待つ君の横で僕は、、」
「心の旅-、、、、、、、、、、、僕は汽車の中」
もう汽車は走っていない時代なので、正確には電車、夜行列車なんです。
もっとも南こうせつは九州の何処かの出身らしいので、そんな景色を見ていたかも知れません。
いずれにしても「南こうせつ」らしいコミカルで楽しい曲ですね。

歌の中でも夢の話ですから、仰せになられる通りかも知れませんね。夢は意味不明な事多いですから。^^


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
親こあらさんの歌詞分析
おもしろ過ぎです~!
御自身
本当に純情少年だったのですね。。
チェックのスカート・・そうですね~
ひとむかし前の少女のイメージかもしれませんね。
その上が白いブラウス・・ってのが
イメージに拍車をかけるかな。。
片想いで
声もかけられず終わってしまったら
その想い出は
まさに
大きなものになるのかも。。
2008/10/09(Thu) 17:56 | URL  | ありんこbatan #-[ 編集]
ありんこbatanさん今晩は!!

>親こあらさんの歌詞分析
おもしろ過ぎです~!
御自身
本当に純情少年だったのですね。。

受けて頂いて光栄です。純情と言うより晩生だったのでしょうね。

>チェックのスカート・・そうですね~
ひとむかし前の少女のイメージかもしれませんね。
その上が白いブラウス・・ってのが
イメージに拍車をかけるかな。。

一昔前を意識しています。・・・今こんな方、殆ど見掛けないですよね。

>片想いで
声もかけられず終わってしまったら
その想い出は
まさに
大きなものになるのかも。。

確かにそうかも知れません。・・
2008/10/09(Thu) 20:07 | URL  | 親こあら #oYOZKs9U[ 編集]
こんばんは、
LP「かぐや姫さあど」持ってたけど何処にしまっちゃったかな?

チェック柄のミニスカート、
パッチリした目に黒い瞳、
さらさらで蒼い(黒です)髪の毛、
当時のちょっとお洒落で可愛い少女のイメージそのものですね。

でも、「早朝の牧場」は深い意味は無いと俺は思います。
素朴で純情な少年を連想させる言葉で使っているんじゃないかな。
このころのフォークソングの歌詞には存在しないものをイメージを膨らませるために敢えて使ったりしています。
例えば「名残雪-汽車を待つ君の横で僕は、、」
「心の旅-、、、、、、、、、、、僕は汽車の中」
もう汽車は走っていない時代なので、正確には電車、夜行列車なんです。
もっとも南こうせつは九州の何処かの出身らしいので、そんな景色を見ていたかも知れません。
いずれにしても「南こうせつ」らしいコミカルで楽しい曲ですね。
2008/10/10(Fri) 18:54 | URL  | groove night #mQop/nM.[ 編集]
groove nightさん今晩は!!

>LP「かぐや姫さあど」持ってたけど何処にしまっちゃったかな?

そう言う事よくありますよね。私も何処へしまったのか判らなくなったものあります。

>チェック柄のミニスカート、
パッチリした目に黒い瞳、
さらさらで蒼い(黒です)髪の毛、
当時のちょっとお洒落で可愛い少女のイメージそのものですね。

そうなのですよね。最近、見掛けませんが・・・

>でも、「早朝の牧場」は深い意味は無いと俺は思います。
素朴で純情な少年を連想させる言葉で使っているんじゃないかな。
このころのフォークソングの歌詞には存在しないものをイメージを膨らませるために敢えて使ったりしています。
例えば「名残雪-汽車を待つ君の横で僕は、、」
「心の旅-、、、、、、、、、、、僕は汽車の中」
もう汽車は走っていない時代なので、正確には電車、夜行列車なんです。
もっとも南こうせつは九州の何処かの出身らしいので、そんな景色を見ていたかも知れません。
いずれにしても「南こうせつ」らしいコミカルで楽しい曲ですね。

歌の中でも夢の話ですから、仰せになられる通りかも知れませんね。夢は意味不明な事多いですから。^^
2008/10/10(Fri) 19:54 | URL  | 親こあら #oYOZKs9U[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック