FC2ブログ
温故知新~昨日があるから明日がある~
今日も暖かな一日でした。秋祭りもまだまだ行われている所多そうです。ニュースとか見ても相変わらず暗い話題が多いので、今日は中山美穂さんの『WAKU WAKUさせて』を取り上げたいと思います。



WAKU WAKUさせて  中山美穂


WAKU WAKU させてよ DOKIDOKI させてよ♪ 』


WAKU WAKUさせて1


この楽曲は、1986(昭和61)年11月26日に発売されたシングルに収録された楽曲で、このシングルのB面は『ハートのスイッチを押して』と言う楽曲で両方とも作詞が松本隆さん、作曲が筒美京平さんによる作品です。この楽曲の収録されたシングルは、シングル・チャ-トで最高3位を獲得され、このシングルは23.7万枚を売り上げたようです。


昔から『わくわく どきどき』と言う言葉は日常的に使いますが、辞書をひくと『わくわく』が『期待または心配などで、心が落ち着かず胸が騒ぐさま』で『どきどき』が『激しい運動、または不安・恐怖・驚きなどで心臓の動悸が速くなるさま』と書かれていました。、『ワクワク』は語源由来辞典を調べてみると、こちらのように書かれていました。


どうせ男も女もひとりぼっちじゃ生きられない♪


WAKU WAKUさせて2


この楽曲はフジテレビ系列で1986(昭和61)年10月16日~12月18日に放映されたドラマ『な・ま・い・き盛り』の主題歌として使われ、このドラマは中山美穂さん主演の青春恋愛ドラマだったようです。このドラマまでは、不良ものドラマばかり出演されていた彼女が、このドラマからは恋愛系の役柄で出演され、その後の彼女のイメージアップになったようです。


人間は社会的な生き物ですから、上に引用させて頂いた歌詞にあるように一人で生きていく事は難しいですよね。最近は人間関係が希薄になり、団体で何かをやると言う事は少なくなったように思います。これは個々人の性格と言うよりは、社会全体が個々人の繋がりを断ち切って来たからなのでしょうね。その結果、凶悪犯が増えたような気がします。


肩と肩をぶつけて夜明けまで踊るよ♪ 

WAKU WAKUさせて3


この楽曲が何を言わんとしているのかは、歌詞を読むだけで理解出来ますが、上に引用させて頂いた歌詞にあるように一晩中、肩と肩をぶつけて踊っていたら、次の日大変だし、喧嘩になってしまうのではないかと思ってしまいます。と言うか肩と肩をぶつけ合う踊りってどんな踊りなのでしょうかね。今日も歌詞につまらない突込みをしてしまいました。


逆を言えば、この時代から、人間関係の希薄さが目立ち初めていたのかも知れませんね。その昔、教育実習で『自由』の意味を生徒から尋ねられ、『規律を守る中にこそ自由がある』と言う内容の事を答えた記憶があります。中山美穂さんの『WAKU WAKUさせて』はこちらの方から少しだけ試聴が出来ます。youtubeではそちらで聴く事が事が出来ます。


COLLECTION ICOLLECTION I
(2006/02/01)
中山美穂

商品詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2008/10/18 20:31】 | 中山美穂
トラックバック(0) |


しのちゃん
親こあらさんこんにちは(^-^)。
この曲けっこう好きです。
でも最近はほとんど聴いてないので久しぶりに聴いてみようかなぁと思います。


親こあら
しのちゃんさん今晩は!!

>この曲けっこう好きです。
でも最近はほとんど聴いてないので久しぶりに聴いてみようかなぁと思います。

しのちゃんさんもお好きですか^^何となく元気になりますよね。再び聴き直すと言うのは再発見があって良いかも知れないですね。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
親こあらさんこんにちは(^-^)。
この曲けっこう好きです。
でも最近はほとんど聴いてないので久しぶりに聴いてみようかなぁと思います。
2008/10/20(Mon) 12:03 | URL  | しのちゃん #-[ 編集]
しのちゃんさん今晩は!!

>この曲けっこう好きです。
でも最近はほとんど聴いてないので久しぶりに聴いてみようかなぁと思います。

しのちゃんさんもお好きですか^^何となく元気になりますよね。再び聴き直すと言うのは再発見があって良いかも知れないですね。
2008/10/20(Mon) 18:33 | URL  | 親こあら #oYOZKs9U[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック