温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これで、今日3曲目になる訳ですが、最初の2曲ともUP直後に関係のないコメントを頂いて迷惑しています。書かれても何度でも削除するだけなのに、無駄だとは思わないのですかね。お世話もしていないし、面白いものを見つけて来なくて良いですから、止めて下さい。お互い無駄な時間を潰すだけですので・・

今日の3曲目は 柏原芳恵さんの『太陽は知っている』を取り上げたいと思います。


太陽は知っている



軽蔑されていい よこしまな瞳でみつめたい♪

太陽は知っている1


この楽曲は1985(昭和60)年7月3日に発売されたシングルに収録された楽曲です。この楽曲は、作詞が松井五郎さん、作曲が松尾一彦さんによる作品です。このシングルのB面は『Gmのバラード』と言う楽曲で、こちらは作詞が原田哲郎さん、補作詞が原真弓さん、作曲が三木たかし さんによる作品だったようです。


B面の『Gmのバラード』は 原木浩さんと言う方とのデュエット曲となっています。原木浩さんと言う方がどう言う方か存じなかったので、検索してみたのですが、この方のどんな方か知る事が出来ませんでした。ご存知の方が居られましたら、情報を宜しくお願いします。


誘惑うまくされて 私生活までこわしたい♪

太陽は知っている2



この楽曲は1985(昭和60)年8月3日に松竹系で公開された映画「俺ら東京さ行ぐだ」の挿入歌も使われたようです。柏原芳恵さんはこの映画に、新藤栄作さんが演じられた主人公の野々宮元の恋人の里中伸子と言う役柄でスタイリスト助手と言う設定でご出演されていたようです。



ご存知の方も多いかと思われますが、映画「俺ら東京さ行ぐだ」は、1984(昭和59)年 11月25日に発売された吉幾三さんの同名のヒット曲をもとに作られた映画で吉幾三さんもご出演されていたようです。吉幾三さんと言えば今では演歌で有名ですが、当時はフォーク・ニューミュジックに分類されていました。


抱かれてアデュー 灼けた素肌が企む気分を 太陽は知っている♪ 』


太陽は知っている3



当時の吉幾三さんは、自作の曲をフォークギター片手に歌って居られましたから、スタイルとしてはフォークと言えない事もないのでしょうが、演歌を歌われるまではフォークと言うよりコミックソングとしか思えない歌しか歌われていませんでしたから、フォークと言われても違和感を感じずには居られません。



歌詞に出てくる『アデュー』とはフランス語で長い別れを告げるあいさつの語。さようなら、ごきげんようの意味があるらしいです。歌のタイトルから、何を太陽は知っているのかと思っていたのですが、歌詞の最後で『灼けた素肌が企む気分を 太陽は知っている』と書かれています。そうか太陽は『灼けた素肌が企む気分を』知っていたのですね^^


判ったような判らないような・・まぁ、良いですか^^柏原芳恵 さんの『太陽は知っている』は試聴サイトを見つけることが出来ませんでしたが youtubeでは歌われている動画がそちらあちらから観る事が出来ます。



ゴールデン☆ベスト ゴールデン☆ベスト
柏原芳恵 (2003/11/26)
ユニバーサルインターナショナル

この商品の詳細を見る





FC2blog テーマ:懐かしいJ-POPヒット曲 - ジャンル:音楽

【2007/06/17 18:02】 | 柏原芳恵
トラックバック(0) |


しのちゃん
親こあらさんこんばんは~(^-^)。
またもや気分が↓なのに
コメントしようとしている自分の矛盾さに対して非常に腹立たしいです(^-^;)。
悪口を言うつもりはありませんが
面白くない、つまんないとだけでも言うておきましょう。
ダメだなぁ。
芳恵さんの曲のタイトルを見つけては反応する自分はまるでパブロフの犬ですわ…
トホホ。
またまた困った輩のカキコミですかぁ。
はぁ。
人をバカにするのもエエ加減にせんかい!!ってなものですわ。
ってかくいう私も全然関係ないコメントしていてゴメンなさいm(__)m。
何だか私も相当の重症ですわ…。


親こあら
しのぶさん今晩は!!

>またもや気分が↓なのに
コメントしようとしている自分の矛盾さに対して非常に腹立たしいです(^-^;)。
悪口を言うつもりはありませんが
面白くない、つまんないとだけでも言うておきましょう。
ダメだなぁ。
芳恵さんの曲のタイトルを見つけては反応する自分はまるでパブロフの犬ですわ…
トホホ。

そうですか・・気分が↓な時は、別の事を考えられると良いですよ。パブロフの犬ですか・・仕方がないと言えば仕方がないのかも知れませんが、元気を出して下さいね。

>またまた困った輩のカキコミですかぁ。
はぁ。
人をバカにするのもエエ加減にせんかい!!ってなものですわ。
ってかくいう私も全然関係ないコメントしていてゴメンなさいm(__)m。
何だか私も相当の重症ですわ…。


いえいえ^^無理をしないで下さいね。^^


コメントを閉じる▲
今日も良く晴れて暑い一日でした。天気予報によれば明日の午後から天気が崩れ雨が数日続くようなのですが、どれ位の雨量になるのかが気になるところです。

さて、今日6月12日は『恋人の日』だそうです。『恋人の日』に因みまして、恋人がタイトルに付く歌を数曲取り上げたいと思います。最初は柏原芳恵さんの『恋人たちのキャフェテラス』です。

恋人たちのキャフェテラス



8時過ぎてた あなたの電話 ごめんね私出て行けないわ♪


恋人たちのキャフェテラス1


この楽曲は1982(昭和57)年2月5日に発売された柏原芳恵さんの8枚目のシングルに収録された楽曲です。この楽曲は作詞が三浦徳子さん、 作曲が小泉まさみさんによる作品です。このシングルのB面は『ロンリー・バースデイ』と言う楽曲で、こちらは作詞が喜多条忠さん、作曲が小泉まさみさんによる作品です。

 
このシングルはシングル・チャートで最高9位を獲得され、こもシングルは19.4万枚売り上げたようです。歌詞の中に1『8時過ぎてた』とありますが、この楽曲の発売された1982(昭和57)年と言えば、芳恵さんは17歳でしたから、夜8時以降となると、高校生位が行けるお店とかも少なかったと思われます。


ベッドの中でうわ言みたい あなたの名前呼び続けるの♪


恋人たちのキャフェテラス2



歌詞のタイトルは『恋人たちのキャフェテラス』ですが、恋人未満の少女の恋する乙女心を歌った可愛いもののように思います。当時は格好良い呼び方だったのかも知れませんが 、タイトルや歌詞の中に使われている『キャフェテラス』が時代を感じさせます。最近は余り使われないように思われます。

キャフェテリアを辞書でひくと『カフェテリア【cafeteria】 セルフサービス形式の食堂);工場[会社, 学校など]の(大)食堂. 、中南米スペイン語caf(コーヒー)+-tera(店)] と書かれていました。この楽曲の場合は多分後の喫茶店のような意味で使われたのでしょうね。 セルフサービス形式の食堂ではイメージが随分違いますよね。


あなたの胸へ ホップス・テップ・ジャンプ 覚悟を決めて♪

恋人たちのキャフェテラス3



セルフサービス形式の食堂と言えば、最近の流行なのか、そう言う形式のお店増えているように思います。ファミレスとかが、どの店に行っても味の差を感じられないのに対して、今増えているお店は店によってバラつきを感じるのですがどうしてなのでしょうかね。レシピだけで、後は店舗に任されているのでしょうかね。


セルフサービス形式の食堂と言うと学生時代や神奈川に住んでいた時の事を思い出します。特に某企業の社員食堂の方々には、私が貧乏そうに見えたのかよくサービスを付けて頂きました。柏原芳恵さんの『恋人たちのキャフェテラス』は こちらから、少しだけですが試聴が出来ます。

NEW BEST NEW BEST
柏原芳恵 (1993/05/26)
キティMME
この商品の詳細を見る









FC2blog テーマ:懐かしいJ-POPヒット曲 - ジャンル:音楽

【2007/06/12 20:03】 | 柏原芳恵
トラックバック(0) |


しのちゃん
親こあらさんこんばんは~(^-^)。
この曲好きですね~。
アイドルらしくて
MDウォークマンを聴きながらだとノリノリですね~(^o^)。
私はもちろんリアルタイムでは知らないんですけど…
でも小さい頃、耳にした曲のような気がするんですよね。
だけど…欽ちゃんの番組等でアイドルが出演されていたのはなんとなく覚えてます。
そういえばこの曲のレコードは何枚持ってるのってぐらいありますね~(爆)。
今はしっかり把握しているのでこれ以上は同じのは重ならないですよ(*^^*)。


親こあら
しのぶさん今晩は!!

>この曲好きですね~。
アイドルらしくて
MDウォークマンを聴きながらだとノリノリですね~(^o^)。
私はもちろんリアルタイムでは知らないんですけど…

可愛い歌ですよね。リアルタイムで記憶にあったらそれはそれで凄いですが、普通はないですよね。

>でも小さい頃、耳にした曲のような気がするんですよね。
だけど…欽ちゃんの番組等でアイドルが出演されていたのはなんとなく覚えてます。

出演されていたかも知れませんね。この楽曲が発売された当時は余り音楽とかテレビとか観ていなかったので私も曖昧です。

>そういえばこの曲のレコードは何枚持ってるのってぐらいありますね~(爆)。
今はしっかり把握しているのでこれ以上は同じのは重ならないですよ(*^^*)。

私も他のレコードでそう言う失敗しています。一覧にしておかないといけないのですが、コレクションが多くなりすぎて中々出来ません。^^



コメントを閉じる▲
今天気予報を見ると今夜夜半から雨が降り明日は雨になりそうです。どれだけ降るか判りませんが、少々の事ではどうしようもないでしょうね・・それはそうと、6月5日の『ブログ考2』と言う記事で、楽天ブログを消去する話を書いたのですが、大変な事に気が付いてしまいました。

と言うのもあのブログを削除してしまうと書き込みを楽天内にされている方のブログへ書き込みが出来ないのではないかと言う問題に突き当たってしまいました。・・・それは困りますよね・・かと言って放置しておくのも・・

消去してしまう場合はやはり、ダミーのブログを作るべきか・・・うん~悩む所ですね・・一層の事、『GELATO-偽しのちゃんの(*^^*)うまいもん食べよ~!!-』と言うブログでも作ってしまいましょうか^^しのぶさんにお叱りを受けそうですから没ですね。と言うかしのちゃんが二人いたらややこしいですよね。

その辺をどうカム・フラージュするかが悩む所です・・と言う訳で今日の2曲目は柏原芳恵さんの『カム・フラージュ』を取り上げたいと思います。


カム・フラージュ



悪い噂 隠すために わたしを呼びださないで♪

カム・フラージュ1



この楽曲は、1983(昭和58)年12月1日に発売されたシングルに収録された楽曲です。この楽曲のB面は『雪』と言う楽曲で、両面とも作詞、作曲が中島みゆき さんによる作品です。このシングルはシングルチャートで最高6位を獲得され、このシングルは19.3万枚売れたそうです。

柏原芳恵 さんは、この年の末に行われた第34回NHK紅白歌合戦中島みゆきさんの作られた『春なのに』で初出場を果たされ、この『春なのに』で第25回日本レコード大賞 金賞も受賞されたようです。同期デビューの河合奈保子さんが、この年紅白に3回目の出場でしたから、芳恵さんも嬉しかったでしょうね


みんなが疑うときだけ わたしを抱き寄せないで♪

カム・フラージュ2



この楽曲は1985(昭和60)年4月17に発売された中島みゆきさ のアルバム『御色なおし』にも収録され、セルフカバーされています。因みにB面に収録されている『雪』は、1981(昭和56)年3月5日に発売された中島みゆき さんのアルバム『臨月』に収録されている楽曲ですのでカバーと言う事になるようです。

楽曲のタイトルや歌詞にも使われている『カム・フラージュ』とは、1 敵の目をくらますために、軍艦・戦車・建造物・身体などに迷彩などを施すこと。また、その迷彩など。偽装。2 表面をとりつくろって、人の目をごまかすこと。等の意味があり、フランス語で発音すると「カムフラージュ」、「キャムフラージュ」となり、英語では「カマフラージュ」と発音するようです。


カム・フラージュ カム・フラージュ あなたの心の ♪

カム・フラージュ3



本命の女性の存在を誤魔化すために、他の女性をカム・フラージュに使う男性心理はどう言う状況だと考えられるのでしょうかね?やはり、相手が既婚者であるとか、世間一般に知られては困ると言う状況なのでしょうが、自分自身が誰かの恋愛の『カム・フラージュ』に使われた事も(多分、恐らく・・)、誰かを使った事がないので、歌の男性の気持ちは理解しかねます。


でも、『カム・フラージュ』に使っている女性から見抜かれているのもなんだか、間抜けなような気がしないでもないです。中島みゆきさんバージョンの『カム・フラージュ』はこちらで、あちら柏原芳恵さんのバージョンの『カム・フラージュ』が少しだけ試聴が出来ます。同じ歌を歌っても歌う方によって随分、違う印象になるものなのですね



プライムセレクション 柏原芳恵 プライムセレクション 柏原芳恵
柏原芳恵 (2006/01/18)
ユニバーサルJ

この商品の詳細を見る



御色なおし 御色なおし
中島みゆき (2001/04/18)
ヤマハミュージックコミュニケーションズ

この商品の詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしいJ-POPヒット曲 - ジャンル:音楽

【2007/06/08 21:39】 | 柏原芳恵
トラックバック(0) |


はるのひ
楽天への書き込みのことですが、ゲストさんとして書けるブログと、楽天会員さんだけの制限にしているブログもあるので、それが困りますよね。
制限してる人はそんなに多いのでしょうか…?
この歌は芳恵さんでもヒットしたので覚えてるし、みゆきさんは「御色なおし」を持っているので知ってます^^ でも!! 芳恵さんのB面がみゆきさんの「雪」だとは初めて知りました! ビックリ。大好きな曲なので。


親こあら
はるのひさんどうもです

>楽天への書き込みのことですが、ゲストさんとして書けるブログと、楽天会員さんだけの制限にしているブログもあるので、それが困りますよね。制限してる人はそんなに多いのでしょうか…?

そんなに多くはないのですが、頻繁に行き来している所がそうですからね・・・かと言ってそうされているには理由がある訳ですから、こちらでなんとか対策を考えています。

>この歌は芳恵さんでもヒットしたので覚えてるし、みゆきさんは「御色なおし」を持っているので知ってます^^ でも!! 芳恵さんのB面がみゆきさんの「雪」だとは初めて知りました! ビックリ。大好きな曲なので

B面ですから案外知られていないのかも知れませんね。^^



しのちゃん
親こあらさんこんにちは~(^-^)。
今日の朝は久しぶりに雨の中の配達でした。
またチラシが多くて重たかったので疲れました…
でもって私のブログタイトルで「カムフラージュ」を作るとか作らないとか…
いやぁ怒りはしないですけど…拝見して(ノ゜O゜)ノしました~。
私よりふさわしい方のブログがある中で…
でもどうして私なのか?です。
でも深くは思っていないので気になさらないで下さいね~。
ちなみに私の場合は
記事のカキコミのみを外部からも受け付けています。
外部からのトラバや掲示板のカキコミはこちらの考えを無視する輩ばっかりですもんね。
なるほど~。
ブログのことに関連して選曲されたんですね~(^ε^)。
親こあらさん面白いですぅ。
親こあらさんのこういうところ大好きですよ~☆


親こあら
しのぶさん今晩は!!

>今日の朝は久しぶりに雨の中の配達でした。
またチラシが多くて重たかったので疲れました…

土曜日ですからチラシ多かったかも知れませんね。
配達お疲れ様です。

>でもって私のブログタイトルで「カムフラージュ」を作るとか作らないとか…いやぁ怒りはしないですけど…拝見して(ノ゜O゜)ノしました~。
私よりふさわしい方のブログがある中で…
でもどうして私なのか?です。
でも深くは思っていないので気になさらないで下さいね~。

申し訳ないですね・・ネタ振りに使ってしまって・・なんとなく面白いかなと思っただけで、別に他意はありませんから・・

>ちなみに私の場合は
記事のカキコミのみを外部からも受け付けています。
外部からのトラバや掲示板のカキコミはこちらの考えを無視する輩ばっかりですもんね。
なるほど~。
ブログのことに関連して選曲されたんですね~(^ε^)。
親こあらさん面白いですぅ。
親こあらさんのこういうところ大好きですよ~☆

有難う御座います^^私もしのぶさんのそう言うところ大好きです。^^


コメントを閉じる▲
http://www.universal-music.co.jp/kashiwabara_yoshie/今日のラストは梅雨も来ていないのに夏のような日差しが続いているので、夏の楽曲で柏原芳恵さんの『ガラスの夏』で締めたいと思います。 

ガラスの夏



頬杖ついて 流れる雲を追いかければ 口もつけずに♪

ガラスの夏1


この楽曲は1981(昭和56)年 5月25日に発売された柏原芳恵さんの5枚目のシングルに収録された楽曲です。このシングルのB面は『フィフティーン・ラブ』と言う楽曲で、このシングルの両面とも作詞が松田侑利子さん、作曲が網倉一也さんによる作品です。

このシングルはシングルチャートで最高21位を獲得されこのシングルは10.3万枚売り上げたようです。上のシングルジャケットは芳恵さんが15歳の時の写真のようなのですが、15歳とは思えない妖艶な色気が伝わって来ます。この後のイメージとは随分違いますね。


瞳を閉じて 風が運んだ波の音を 捕まえようと♪

ガラスの夏2


柏原芳恵さんは前年の1980(昭和55)年6月1日シングル『No.1』でデビューされているのですが、同じ日に同じく大阪出身の河合奈保子さんが『大きな森の小さなお家』でデビューされています。同じ年の4月1日には松田聖子さんが『裸足の季節』でデビューされています。


後のお二人が可愛い系で売り出されていたのに対して芳恵さんは当初から大人路線で売り出されていたようです。何しろキャッチ・コピーが『ちょっと大物、すきとおった少女』でしたから・・因みに河合奈保子さんが『ほほえみさわやかカナリーガール』松田聖子さんが『抱きしめたいミスソニー』だったそうです。 


あ~クリスタル・サマー あ~クリスタル・サマー♪

ガラスの夏3


このお三人がデビュ-された1980(昭和55)年はあの山口百恵さんが引退された年で、芳恵さんが実年齢より大人びた楽曲を歌われていたのも、事務所が密かに『ポスト百恵』路線を狙っていたのではないかと推理しています。百恵さんも年齢の割りに大人びた歌を歌われていましたよね。


デビュー当時は事務所に言われてイメージを作り上げていたのではないでしょうか?柏原芳恵さんの『ガラスの夏』はこちらから少しだけですが試聴が出来ます。youtubeでは、ジャケット写真と同じと思われる衣装を着られた芳恵さんが歌われている動画を見る事が出来ます。 


ベスト ベスト
柏原芳恵 (1994/11/02)
キティMME
この商品の詳細を見る



FC2blog テーマ:懐かしいJ-POPヒット曲 - ジャンル:音楽

【2007/05/29 22:13】 | 柏原芳恵
トラックバック(0) |


しのちゃん
親こあらさんおはようございます(^-^)。
最近また芳恵さんの曲を全く聴いていない…というか聴く気分にもなれなくて
まさに今の気分は再び↓です。
だからすごい懐かしいと思います(笑)。
でも確かに芳恵さんの曲って大人びた曲が多いですよね。
デビュー曲からして
ちょっと普通のアイドルとは違うものをカンジました。
初めて聴いた時に…
でもそのせいか遅咲きのアイドルとも言われたんですよね。
一般的には…私もこの曲は知らなかったです。
だけどさわやかで良い曲ですよね。
また聴きたい気分が戻ったら聴こうかなぁと思いま~す!!
というわけでおやすみなさい~(-_-)zzz。


親こあら
しのぶさんどうもです^^

>最近また芳恵さんの曲を全く聴いていない…というか聴く気分にもなれなくて
まさに今の気分は再び↓です。
だからすごい懐かしいと思います(笑)。

う~ん何かあったのでしょうか?大丈夫ですか?


>でも確かに芳恵さんの曲って大人びた曲が多いですよね。
デビュー曲からして
ちょっと普通のアイドルとは違うものをカンジました。
初めて聴いた時に…
でもそのせいか遅咲きのアイドルとも言われたんですよね。
一般的には…私もこの曲は知らなかったです。
だけどさわやかで良い曲ですよね。
また聴きたい気分が戻ったら聴こうかなぁと思いま~す!!

そうですね。夏も近いのでどんどん聴いて下さい。^^


コメントを閉じる▲
1曲目がN.S.Pの『夕暮れ時はさびしそう』でしんみりとしたので、今日の2曲目はと言うか3曲書けませんでしたのラストになるのですが、元気な歌で柏原芳恵さんの『渚のシンデレラ』でしめたいと思います。 


渚のシンデレラ



キラキラ ときめく気持ち弾んで Tシャツ投げて駆け出す浜辺♪

渚のシンデレラ1



この楽曲は1982(昭和57)年 4月21日に発売された柏原芳恵さんの9枚目のシングルに収録された楽曲です。この楽曲は、作詞、作曲が藤原いくろう さんによる作品です。このシングルのB面は『ロマンチックにI love you』と言う楽曲でこちらは作詞 が三浦徳子さん、作曲が小泉まさみさんによる作品です。


この楽曲はシングルチャートで最高7位を獲得され、20.1万枚を売り上げたようです。 このシングルには上のジャケット写真を含め3枚(プロモ用を含めると4枚)のジャケット写真があったようです。このシングルは芳恵さんが17歳の時のシングルなのですが、色っぽいと言うか大人びた雰囲気がありますよね。


ティンクルきらめく一番星夕陽がとけてゆく水平線♪

渚のシンデレラ2



この楽曲の途中で『振り向いてよサマー・ギャル』、『揺れるリボン可愛い』とバック・コ-ラスが入ります。シングルジャケットにはH2Oのクレジットはないのですが、H2Oがバック・コ-ラスに入られていたらしいです。因みにH2Oの『想い出がいっぱい』が発売されたのは翌年の1983(昭和58)年3月25日だったようです。


H2Oの『想い出がいっぱい』はシングルチャートで最高6位を獲得され、43万枚を売り上げるヒットとなったようです。『想い出がいっぱい』の歌詞に『君はまだシンデレラさ』と言うのがあるのですが、この楽曲は作詞が阿木耀子さん、作曲が鈴木キサブローさんによるものですから、単なる偶然なのでしょうね。


心は月あかりをうけて光るの セイリング・サマービーチ♪

渚のシンデレラ3



楽曲のタイトルは『渚のシンデレラ』ですが、歌詞には『シンデレラ』と言う単語も連想させるものがありません。『シンデレラ』と言えばグリム兄弟グリム童話で有名なお話ですが、世界各国によく似た話が古くあるようです。『円環伝承』と言うサイト様の『シンデレラの環』と言うコンテンツは中々興味深いものがあります。


単なる偶然なのでしょうが、このシングルの発売された1982(昭和57)年 4月21日は松田聖子さんの『渚のバルコニー』が発売された日でもあったようです。両方とも夏の楽曲なのですが、4月には発売されていたのですね。柏原芳恵さんの『渚のシンデレラ』はこちらから少しだけですが試聴が出来ます。 



ゴールデン☆ベスト ゴールデン☆ベスト
柏原芳恵 (2003/11/26)
ユニバーサルインターナショナル

この商品の詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしいJ-POPヒット曲 - ジャンル:音楽

【2007/05/22 21:22】 | 柏原芳恵
トラックバック(0) |


しのちゃん
親こあらさんおはようございます(^-^)。
この曲のジャケットはプロモ版を含めると4枚あるんですね。
そういえば…プロモ版はまだ見たことがないです。
そのうちまた見かけることだと思います。
ちなみに私は二枚あります。
プロモ版を除けば後、一枚でこの曲のレコードが揃います。
もちろん揃えますけどね(*^^*)。
この曲はシングルもカップリングも好きですよ~。
ポップで…まさしくこれこそアイドルの曲ですよね~♪
でもH2Oがこの曲のコーラスをなさっていたとは知らなかったです。
だけど…気になっていました。
それとH2Oの「想い出がいっぱい」好きです。
というよりこちらの方が覚えているんですよね。
アニメ「みゆき」観てましたし、原作も一通り読みました。
懐かしいですね~(^ε^)。



親こあら
しのぶさん今晩は!!

>この曲のジャケットはプロモ版を含めると4枚あるんですね。
そういえば…プロモ版はまだ見たことがないです。
そのうちまた見かけることだと思います。
ちなみに私は二枚あります。
プロモ版を除けば後、一枚でこの曲のレコードが揃います。
もちろん揃えますけどね(*^^*)。

流石しのぶさんですね。私はネットでマニア?の方がHPに出されているのを見ただけで、他を探しても今の所このジャケットしか実物は見た事がありません。

>この曲はシングルもカップリングも好きですよ~。
ポップで…まさしくこれこそアイドルの曲ですよね~♪

そうですね。^^いかにもと言う典型的なパターンを踏んでいますよね。^^

>でもH2Oがこの曲のコーラスをなさっていたとは知らなかったです。
だけど…気になっていました。
それとH2Oの「想い出がいっぱい」好きです。
というよりこちらの方が覚えているんですよね。
アニメ「みゆき」観てましたし、原作も一通り読みました。
懐かしいですね~(^ε^)。

何処にも書いていませんが、ネットで情報をひろって来ました。アニメは観ていませんでしたが、流行りましたよね。^^


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。